お問い合わせフォーム'
現場レポート
2020/10/10

京都・嵐山の現場へ納品

ボストンへの古民家移築再生の計画が着々と進む中、

今月半ばからは鎌倉への移築プロジェクトも動き出します。

 

単品部材でも何件かご依頼をいただいており、

本日は京都の嵐山の現場へ2度目の納品です。

前回は丸太の柱や梁などを数点納品しましたが、

今回はカウンター天板用の欅材をメインに、細かなものを

何点か納品します。

前回納品時の積み込み風景。

本日納品する框用欅材。良い色に経年変化しています。

階段周りのささら用松材は、硝煙・紅殻・亜麻仁油で煤けたような古色に仕上げました。

框用欅材は製材したものをそのまま納品します。

階段踏板用松材。鴨居を製材し、こちらも古色塗りで深い色に仕上げています。

 

今回のメインはカウンターの天板としてお使いいただく欅材です。

長さ5500mm、高さ440mm、厚みが180mmにもなる立派な

欅の鴨居を半分の厚みに製材し、厚み90mmの板にしました。

製材前の欅材。圧巻の長さ、厚み、重量です。

今回カウンター用に必要なのは4000mmなので、

製材前にチェーンソーでカットします。

残った部分は4枚に挽いて別の部分でお使いいただくことに。

機械にセットし、綺麗に半分に割れるように真ん中のラインを見極めます。

欅は反りやすいため、真ん中のラインを決めるのがとても難しいです。

製材していきます。

 

中身の詰まった赤身の綺麗な製材面でした。

 

階段踏板用の松材も製材しました。

古材は全て一点ものですので、工務店の方、設計士の方、

御施主様に何度も足をお運びいただき、

実物の表情や重量感、質感をご体感の上で決めていただきます。

お問い合わせをお待ちしております。