お問い合わせフォーム'
現場レポート
2022/09/05

箱階段完成

今年2月より取り掛かっていました鎌倉の古民家移築現場への古材は

大部分を無事納品することができ、当店の仕事は残すところ

細かな造作のみになってきました。

そして2ヶ月前、木工作家さんへ受け渡した欅の古材は、

大変立派な箱階段に生まれ変わっていました。

縦横2mずつ以上ある大きな箱階段は圧巻の仕上がり。

職人さんの細かな計算により組み立てられた素晴らしい作品です。

実際に2階への昇り降りに使われるため、

伝統的な箱階段よりも勾配が緩く設計されているそうです。

踏み板や構造材には、江戸時代の古民家で使われていた欅の平物を製材して再生しています。

鏡板には欅の地板、違い棚の板などを使い、経年変化した古材オリジナルの色に

上から古色を施して統一感を出しています。

踏み板、蹴込板の欅の杢目が美しいです。

この美しい箱階段ですが、古民家の囲炉裏の間の隣に設置されるため

燻された色に合うように全体に古色を施しました。

設計士さんに意見をいただきながら色を決めた

オリジナル配合の古色仕上げです。

欅の杢目がさらに浮き立ち、艶が出て年月を経たような風格を醸し出します。

こちらの箱階段は来週末、木工作家さんに現場設置していただきます。

古民家の中でどのように生きてくるのか、今から楽しみでなりません。