お問い合わせフォーム'
現場レポート
2021/01/11

明けましておめでとう御座います

怒涛の2020年もいつの間にか終わってしまい、気がつけば2021年に突入しておりました。

関西では未だ松の内ですが、関東では新年の挨拶もそろそろ時季外れのようですね。

島村葭商店の2021年の仕事は鎌倉移築用古民家の古材磨き作業から始まりました。

柱など残り数十本、長かった古材磨きもラストスパートです。

12月初旬からおよそ1ヶ月かけて漸く全ての材が磨き上がりました。

 

並行して京都に新規オープン予定の立ち飲み屋さんへ古建具や古材十数点の納品準備も進めています。

中でもこちらの桜の木の皮を網代編みにした衝立。

希少なもので大切にしていましたが、遂にお嫁に行くことに‥‥。

 

そしてボストンへの古民家移築プロジェクトも引き続き進んでおります。

移築後の図面は当初のものより一回り大きく設計されたため、増築用の追加材として当店の在庫古材を納品しました。

下屋の桁材や柱材、鴨居等々、計50本ほどが新たに使用され、仮組みも一回り大きくなりました。

今年も引き続き沢山の方と関わり合いながら日本の住文化を残し、伝えていくお仕事をしていけますよう、どうぞ島村葭商店を宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

2020/12/17

欅一枚板山門を納品

先日、京都のとある寺院の別院へ欅の門を納品しました。

納品したのは実に高さ1970mm、幅920mmの欅の一枚板門扉が両開きになる、大変立派な門です。

こちらも欅一枚板の脇戸を、共にこれから建立される寺院の門にお使いいただきます。

 

このままでは大きすぎて運搬が困難なため、部材ごとに解体します。

あて木をして掛矢で叩き、木組みを解体している様子。

門扉一枚でも大変な重量感があります。

梱包してトラックに積み込みます。

年代物の門のため、乳金具や下框など、欠けた部材がいくつかありましたが、他の古い部材で代用することとなりました。

乳金具もぴったりの古いものがあり、そちらを納品しました。

足りない部材に丁度見合うものを在庫から見繕えるのは、沢山の古いものを保管している古材屋の強みと言えます。

 

 

 

 

2020/11/22

蘇る障子戸、ガラス戸、煤竹

先日、木村全伸工務店様にご購入いただいた古建具と煤竹が、新築に見事に導入されていました。

写真真ん中の、4枚引きの雪見障子戸は昭和初期の滋賀県の古民家で使われていたものです。

幅狭のスタイリッシュな障子戸が、洗練された空間によく調和しています。

煤竹は天井の竿縁として、アクセントに。

 

桟のデザインがお洒落な2枚引きのガラス戸は、古いものでありながら、現代の洋風な空間に絶妙に合っています。

玄関から見たガラス戸。

真ん中は透明なガラスで、周りにダイヤガラスが使用されている昭和初期のものです。

 

古材や古建具が素晴らしい空間に活かされているのを見ると、

とても勉強になります。

 

2020/02/09

石川の蕎麦屋さん、鹿児島のうどん店へ納品

飲食店に古材を納品することの多い当店ですが、特に多いのが

お蕎麦屋さんやうどん屋さんなど、和風のお料理をメインとするお店です。

 

今回は石川と鹿児島で新規開店されるお店へ、玄関上がり框、玄関靴箱、

店内テーブル、店内建具などを納品させていただきました。

 

玄関靴箱として使用される予定の水屋箪笥。

建て付けを直し、引き手を取り付け、傷んでいた中板を修理して、発送します。

 

 

店内テーブルには欅の板材を使用されます。

今回は厚み40mmの板材を作るため、長浜の築250年の古民家に使われていた欅の柱を製材します。

白太が無く、ほぼ赤身のみの貴重な欅の柱。

製材所で厚み40mmに仕上げます。

杢目が美しい板材が出来上がります。

 

ご注文の寸法に合わせて、一枚一枚木取りします。

 

今回は剥ぎ加工など無しの、板材のみの納品のため、このまま梱包して発送です。

 

腰板付き葭戸は、障子とはめ替えが可能なタイプ。

こちらも丁寧に梱包して発送します。

 

 

 

 

2018/09/07

古材室に骨董の和箪笥を並べました!

当店では、日本の伝統的な住文化をお愉しみいただけるよう、古材に併せて骨董家具も取り扱っております。

喫茶古良慕の古材室に骨董の和箪笥を並べましたので、ぜひご覧ください。